奇跡の実その2 日本、いや世界初!?

霜が降りたので収穫しました。

 

結果的に1本ではなく何本かの実が収穫できました。

 

さて実の入りはどうなってるか・・

竹の子のような皮を剥くと、出ましたジャイアントコーンが!

 

出来てる!でかいっっ!!

 

歯と例えられることもあるとうもろこしの粒ですがこれはでかすぎますね。。。

スイートコーンのつぶと並べると一目瞭然です。

味の方は、

軽くいためて、蒸して食べてみました。

 

うまいっっ!!!

 

もちもちした食感、ほのかな甘味・・・どこかでたべたことのあるような、と考えていると思いあたったのが銀杏です。もちろん銀杏独特の苦味や独特の風味はありません

収穫はあまりにも高いところに実がついていて脚立でもとどかず危ないため切り倒して収穫しました。切り倒した木はこんな感じです。やはりでかい!

 

因みに一緒に写っているかみさんの身長は154cmです。。。

通説ではアンデス地方の特定の地域でしか大きくならないというジャイアントコーンでしたが、今回何かの偶然か収穫することができてしまいました。

 

冷凍ものはネット通販やペルー食材のお店などで買うこともできるようですが生の採れたてを日本で食べたのはもしかして自分が初めてなのかと思うとドキドキします。これぞ農家の醍醐味!

 

今回取り寄せた2種類のジャイアントコーンのうち栽培に成功したのは1種類のみでした。栽培技術のせいもあるかもしれませんが、気候への向き不向きがあるのかも知れません。栽培については今年気づいたいくつかのポイントを修正して再度挑戦したいと思います。なんせあんなに美味しいので。。

 

今年収穫した実の種をつないで、来年もしかしたら販売するかもしれません。

乞うご期待!!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    オオニシタカヒロ (月曜日, 04 11月 2013 17:57)

    すばらしすぎます。。。(^'^)。。。